TOP

キャリア採用に役に立つ情報を発信しているサイトです。

求人倍率とは何か?

志望先企業の内定を勝ち取るために、就職活動を行なっている人にとって、求人倍率は、小まめにチェックしておきたい情報のひとつです。求人倍率は、経済指標のひとつで、一人の求職者につき、求人案件が何件存在するのかを示します。例えば、こちらの倍率が1.0であれば、仕事を探している人と、求人案件の数が同じであるということを意味します。そして、一般的に、求人倍率が高ければ高いほど、経済に活気があり、求職者に多くの選択肢が与えられるほか、採用される確率も高くなると考えられます。この経済指標は、厚生労働省などによって公表される、四種類の指標がありますので、それぞれの意味、内容をよく理解して、自分の適性やニーズ、希望条件にあったものを利用することが大切です。例えば、中学、高校の新卒者と、大卒者とでは、指標の種類や公表機関が分かれています。したがって、自らの学歴に見合った情報を収集することで、その利用価値は高まります。

就職活動する前に自己分析をしよう

就職活動は自分を伝えることがとても重要になります。しっかり自分を伝えることができれば採用されますし、もし不採用になったとしても諦めがつきます。しかしどうせやるのであれば自分を相手に120%アピールするためにも自己分析をすることが重要です。自分をしっかり分析することで長所と短所を見極めてアピールするポイントをまとめておけば面接でも思い存分自分自身をアピールすることができるメリットがあります。しっかり自己分析をしなければ採用担当者に伝えたいことも伝わりません。面接で不採用になってしまう人の多くが自分の分析を怠ってしまった人が不採用になってしまうケースが多いです。これは昔から言われていることで先輩や大学の職員の担当者も自分をしっかり分析してから面接に臨むようにしなさいと言われたことがあるはずです。それほどしっかり分析して自分の強みを自分でしっかり理解してから面接に臨むようにすることで内定を勝ち取ることができます。

キャリアデザインの必要性

バブル経済が崩壊してから日本の雇用環境は変わりつつあります。年功序列や終身雇用というものがなくなりつつあり、機械によるオートメーション化も進んでいます。つまり一度会社に入れば、ずっと同じ会社で仕事を続けられない可能性が高いわけです。そこで注目されているのが、キャリアデザインという考え方です。皆さんの今後の仕事をどう設計するかという考え方です。将来のことを考えて、どのような仕事をしていきたいかという考え方です。人生には行くかのターニングポイントがあります。その中で自分はどのような仕事をしていたいのか、どういった経済的基盤を確立すればいいかを考えるわけです。またただ単に自分がどうなりたいかを考えるだけでは不十分です。その将来設計を実現するためには、どのような能力を有さないといけないかを考える必要があります。そしてその能力を獲得するためには、現時点で何をしておくべきかも想定する必要があります。このように、ただ一生懸命働くだけでなく、自分で自分の将来のことを考えないといけません。